イベント情報活動報告地域づくり団体地域づくりマイスター各種支援制度新規団体登録メールマガジンリンク集市町村お問い合わせ 晴れの国づくりNET携帯版

QRコードで簡単アクセスできます!



Adobe Readerダウンロードサイトへ

PDFファイルをご覧いただくためには、
AdobeReader最新版(無料)が必要です。
こちらのページからダウンロードして下さい。

会員専用ページ

このサイトは岡山県・地域づくり団体岡山県協議会が企画・運営しています。

このサイトに関するお問い合せ
地域づくり団体
(岡山県県民生活部
 県民生活交通課内)

〒700-8570
岡山市北区内山下2-4-6
TEL:086-226-7247
FAX:086-232-5354
E-Mail:harenokuninet@pref.okayama.lg.jp

トップページ > お知らせ

おしらせ
2018/09/20 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度第9回地方創生実践塾in千葉県いすみ市『美食の街いすみ~サンセバスチャン化計画~』」の案内がありましたので、お知らせします。 *実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(個人賛助会員については詳細リンクからご確認ください)。このため受講を希望する場合、個人賛助会員になって頂く必要があります。 記 宝島社「田舎暮らしの本」で2年連続、首都圏住みたい田舎総合1位になった千葉県いすみ市で、美食・ロケ・移住の3本柱で地域創生に取組について学びます! 日時:平成30年12月8日(土)~平成30年12月9日(日) 会場:いすみ市役所(千葉県いすみ市大原7400-1) ほか 講師:早川卓也氏(いすみ市 副市長)、磯木淳寛氏(一般社団法人picobirds 代表理事)、鈴木菜央氏(NPOグリーンズ 代表理事、greenz.jp編集長)、鳥塚亮氏(いすみ大使 (前いすみ鉄道社長)) 定員:30名(定員に達しましたら締め切らせていただきます。人気講座となりなすのでお早めにお申し込みください。) 負担額:10,000円(個人賛助会費※地方創生実践塾地方版L会員) *連絡なしの不参加や当日キャンセルの場合は返金出来かねますので、ご注意ください。 ※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食代等は各自ご負担ください。 対象:地域づくりに興味のある方(公務員、NPO、任意団体、企業、学生等どなたでも) 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/09/20 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度地方創生フォーラムin奈良」の案内がありましたので、お知らせします。 記 中山間地域における地方創生には、地域で「稼ぐ力」を高め、その地域に「住み続けられる仕組み」を構築することが必要です。本フォーラムでは、「稼ぐ力」及び「住み続けられる仕組み」をキーワードに、中山間地域の現状に基づく人口分析や、各地で行われている先進的な活動事例の紹介等を行い、これからの、中山間地域における地域の活力向上や自立した地域づくりについて考えていきます。 日時:平成30年10月26日(金)13:30~17:00(開場13:00) 会場:奈良県橿原文化会館 小ホール(奈良県橿原市北八木町3丁目65-5) 講師:藤山浩氏(一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所所長) コーディネーター:杉岡秀紀氏(福知山公立大学地域経営学部准教授、北近畿地域連携センター長) パネリスト:細谷忠弘氏(曽爾村役場企画課長)、森本健次氏(株式会社南山城代表取締役社長)、坂本大祐氏(合同会社オフィスキャンプ代表)、三宅正記氏(一般社団法人かわかみらいふ事務局主任) 定員:300名(申込締切:10月19日(金))※先着申込順です。定員に達した場合は締め切らせていただきます。 参加費:無料 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/09/20 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度地方創生フォーラムin石川」の案内がありましたので、お知らせします。 記 ~「ここにあるもの」を「魅力あるもの」「価値あるもの」に~ 石川県では、現在も想定を超える北陸新幹線金沢開業効果が持続しており、いかにその効果を持続させ、さらに拡大させていくかが大きなテーマとなっています。一方で、我が国は本格的な人口減少時代に突入し、地方創生が国・地方を通じた課題となっています。こうした中で、里山資本主義の考え方や様々な取組から、地域資源を活かした地方創生について考えます。 日時:平成30年10月4日(木)13:30~17:00(開場12:30) 会場:石川県地場産業振興センター 本館 大ホール(石川県金沢市鞍月2丁目1) 講師:藻谷浩介氏((株)日本総合研究所主席研究員) コーディネーター:西村幸夫氏(神戸芸術工科大学教授・東京大学名誉教授) パネリスト:井上公平氏((株)中川政七商店地域活性ディレクター・店舗開発担当)、岩本歩弓氏(乙女の金沢主宰)、村山智一氏((株)OkuruSky代表取締役社長)、夜久恭裕氏(NHK長野放送局チーフ・プロデューサー)、萬谷浩幸氏(よろづや観光(株)代表取締役社長)、吉住秀夫氏(石川県企画振興部長) 定員:400名程度(申込締切:9月27日(木))※先着申込順です。定員に達した場合は締め切らせていただきます。 参加費:無料(交流会参加の場合は別途4,000円) 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/08/07 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度第8回地方創生実践塾in大分県竹田市 全国最多規模の地域おこし協力隊の現場から~『農村回帰宣言市』の実力に学ぶ~」」の案内がありましたので、お知らせします。 *実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(個人賛助会員については詳細リンクからご確認ください)。このため受講を希望する場合、個人賛助会員になって頂く必要があります。 記 「地域おこし協力隊」全国最多の受入数を誇る大分県竹田市。彼らのチカラで竹田市はどう変わったのか? 地域が求める協力隊の役割とは? 多彩な講師陣、協力隊と共に「地域おこし協力隊の未来像」を探ります!! 日時:平成30年11月3日(土)~平成30年11月4日(日) 会場:竹田市総合文化ホール「グランツたけた」ほか 講師:宮口侗廸氏(早稲田大学名誉教授、文学博士)、江藤訓重氏((公財)阿蘇地域振興デザインセンター事務局長)、小笠原順子氏(竹田市地域おこし協力隊)、吉峰拡氏(竹田市地域おこし協力隊) 定員:40名(定員に達しましたら締め切らせていただきます。) 負担額:10,000円(個人賛助会費※地方創生実践塾地方版L会員)です。連絡なしの不参加や当日キャンセル等の場合は返金できかねますので、ご注意ください。 ※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食代等は別途ご負担となります。申込者の方には、宿泊についてのご案内を差し上げます。 対象:地域おこし協力隊、地方公共団体、NPO団体など地域活性化に取り組んでいる方 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/08/07 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度第7回地方創生実践塾in長野県飯田市 『当事者意識から生まれる共創の仕組み~内発的な発展を続ける飯田モデルを学ぶ~』」の案内がありましたので、お知らせします。 *実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(個人賛助会員については詳細リンクからご確認ください)。このため受講を希望する場合、個人賛助会員になって頂く必要があります。 記 飯田市は"公民館活動"が土台となってまちづくり活動や学習活動が盛んとなっている地域です。今回の実践塾では、飯田市で活躍している実践者の講義やフィールドワークから、飯田型公民館活動がもたらした共創の仕組みや行政と住民が一体となって行うまちづくりの秘訣について学んでいきます!! 日時:平成30年10月19日(金)~平成30年10月21日(日) 会場:飯田市公民館(長野県飯田市吾妻町139)、 飯田市役所(長野県飯田市大久保町2534) 講師:朝岡幸彦氏(東京農工大学農学研究院 教授)、牧野光朗氏(飯田市長)、高橋充氏(株式会社南信州観光公社 代表取締役社長)、曽根原宗夫氏(天竜川鵞流峡復活プロジェクト 代表/天竜舟下り企画室室長)、長谷部三弘氏(ひさかた風土舎 代表) 定員:40名(定員に達しましたら締め切らせていただきます。) 負担額:10,000円(個人賛助会費※地方創生実践塾地方版L会員)です。連絡なしの不参加や当日キャンセル等の場合は返金できかねますので、ご注意ください。 ※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食代等は別途ご負担となります。申込者の方には、宿泊についてのご案内を差し上げます。 ※農家民泊体験に掛かる金額は、1泊2食と半日農家体験料込みで9,450円となります。 対象:地方自治体の行政職員、団体職員、地域活性化に取り組んでいる方、公民館活動に興味がある方など 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/08/07 一般財団法人地域活性化センターから、「平成30年度第6回地方創生実践塾in香川県高松市 『瀬戸内国際芸術祭の活用~移住者に選ばれる男木島に学ぶ~』」の案内がありましたので、お知らせします。 *実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(個人賛助会員については詳細リンクからご確認ください)。このため受講を希望する場合、個人賛助会員になって頂く必要があります。 記 移住者が島民の4割に達した男木島(おぎじま)には、どんな魅力があるのか? 男木島に渡り、現地で実践者のお話を聞きながらフィールドワーク! 高松市内で注目を集める「仏生山(ぶっしょうざん)」にもご案内します。 日時:平成30年9月22日(土)~平成30年9月23日(日) 会場:高松市ヨット競技場(香川県高松市浜ノ町67-1)ほか 講師:村山卓氏(前香川大学大学院 地域マネジメント研究科 教授/総務省 情報公開・個人情報保護審査会事務局 審査官)、福井大和氏(NPO法人男木島生活研究所 理事長) 定員:40名(定員に達しましたら締め切らせていただきます。人気講座となりますのでお早めにお申し込みください。) 負担額:10,000円(個人賛助会費※地方創生実践塾地方版L会員)です。連絡なしの不参加や当日キャンセル等の場合は返金できかねますので、ご注意ください。 ※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食代等は各自ご負担ください。 対象:地域づくりに興味のある方 (公務員、NPO、任意団体、企業、学生等 どなたでも) 申込:下記詳細リンクからお申込みください。 詳しくは下記詳細リンクからご確認ください。
2018/03/28 【本年度の申請受付は終了しました】地域づくり団体全国協議会から下記の支援事業の実施要綱等の通知がありました。 当該事業については、既に事業募集開始となっており、事業実施の1ヶ月前までに申請書をご提出ください。 ・平成30年度地域づくり団体活動支援事業 ・平成30年度地域づくり団体クラウドファンディング活用支援事業 29年度からの主な変更点については、以下のとおりです。 ・助成対象団体を、登録団体であり、かつ、一般財団法人地域活性化センターの賛助会員とする。 ・助成金の交付申請期限について、事業実施の1ヶ月前までに変更 ・前年度に助成金の交付を受けた団体も申請可能 詳しくは関連ファイルをご覧ください。
2017/03/21  一般財団法人地域活性化センターより、次のとおり月刊情報誌「地域づくり」の掲載記事の募集がありましたのでお知らせいたします。  一般財団法人地域活性化センターでは、月刊情報誌「地域づくり」(2万2千部発行)を発行し、全国の自治体や地域づくり団体のほか、関係省庁、各地の商工会議所、公立図書館、マスメディア等にお届けしております。  この度、不定期ではありますが、地域づくり団体の皆様の活動を紹介していただけるように紙面を確保いたしました。 つきましては、ご自身の団体の活動をご紹介いただける方は、下記によりご応募くださいますようお願い申し上げます。 記 1 実施内容 月刊情報誌「地域づくり」での地域づくり団体活動紹介 2 対   象 全国協議会の登録団体 3 掲 載 月 未定(紙面の空き状況により変動します) 4 提出方法 電子メール 5 提 出 先 地域づくり団体全国協議会 事務局 宛て         E-mail: chi-dantai@jcrd.jp 詳しくは関連ファイルにてご覧ください。
2014/04/16 登録団体募集中!☆☆☆「おかやま元気!集落応援団」☆☆☆  岡山県では、「おかやま元気!集落応援団」を募集しています。 「おかやま元気!集落応援団」とは、NPO、大学、企業等さまざまな組織に所属されている都市部の方々等に、グループで「応援団」として登録していただき、中山間地域にある「おかやま元気!集落」で、道路等の草刈りなどの共同作業や祭り等の行事のお手伝いなど、住民の方々と交流していただくことを目的としているものです。 ※応募についての詳細は、下記「詳細リンク」「関連ファイル」にてご確認ください。 ※応募やお問い合わせ等については、岡山県中山間地域協働支援センターまでお願いします。 ■岡山県中山間地域協働支援センター■ (〒700-0822岡山市北区表町1-4-64上之町ビル4階)  TEL : 086-224-0995  FAX : 086-233-1732  E-Mail : npokayama@gmail.com
2014/03/07 「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」(facebookページ)が開設されました!  地域活性化センターが各種事業(全国地域リーダー養成塾、地域再生実践塾、情報誌「地域づくり」、各種調査業務)を通じて得た、地域おこし現場や地域で頑張る方々を紹介するため、facebookページ(下記「詳細リンク」)を開設しました。

Copyright(C) harenokunizukuri net. AllRights Reserved.