イベント情報活動報告地域づくり団体地域づくりマイスター各種支援制度新規団体登録メールマガジンリンク集市町村お問い合わせ 晴れの国づくりNET携帯版

QRコードで簡単アクセスできます!



Adobe Readerダウンロードサイトへ

PDFファイルをご覧いただくためには、
AdobeReader最新版(無料)が必要です。
こちらのページからダウンロードして下さい。

会員専用ページ

このサイトは岡山県・地域づくり団体岡山県協議会が企画・運営しています。

このサイトに関するお問い合せ
地域づくり団体
(岡山県県民生活部
 中山間・地域振興課内)

〒700-8570
岡山市北区内山下2-4-6
TEL:086-226-7267
FAX:086-224-6195
E-Mail:harenokuninet@pref.okayama.lg.jp

トップページ > 活動報告 > 鬼ノ城塾塾長の林によるアートとコラボの古代たたら製鉄の報告会

「晴れの国づくりNET」に登録されている地域づくり団体の活動報告

鬼ノ城塾塾長の林によるアートとコラボの古代たたら製鉄の報告会
<情報登録団体> 鬼ノ城塾
イベント内容 〈鬼ノ城塾=吉備の鉄とアートのコラボレーション=最高のものにふれたい〉

平成27年1月17日(土)、阿曽地区(岡山県総社市)で今年最初の鬼ノ城塾
の課外講座が新年会を兼ねて開催されました。
今回のテーマは、塾長の林正実を村下〈むらげ〉として平成27年11月23日
(日)に砂川公園(総社市)で行われた「古代たたら製鉄」の詳細な報告会
でした。

総社市で活動する「結」と造形作家の川埜龍三さん(犬島の犬のプロジェク
トでご存知の方も)からの「おにぽっくるプロジェクト」への協力要請に応
えたものです。
・物語のために、鬼の伝承の血吸川の源流で砂鉄を採取(鉄鉱石と併用)
・大変だった鬼ノ城の麓で焼いた松炭の炭切り作業
・「たたら場」のための砂川公園での覆い屋の建設
・鬼ノ城の麓の3種類の土を使った炉づくり(炉床・元釜・中釜・上釜)
・炉の両側にフイゴを取り付けて操業開始⇒操業

この全過程を映像も使いながら林が説明しました。
講義の後は、地区の人たちが持ち寄った、あるいは差し入れのご馳走や酒
で、新年会も兼ねた懇親会でした。深夜まで盛り上がりました。

鬼ノ城塾は阿曽の鋳物師(いもじ)でアートプロデューサーとしての活動も
行う林正実が平成13年4月に発足させました。

各地で「古代たたら製鉄」や「鋳物教室」の実技指導を行い、平成8年に「
鬼ノ城たたら倶楽部」を創設して大正時代に絶えた吉備の酒米の「都」を西
阿曽の地で復活させ、平成15年に岡山市の「うらじゃ」「おかやま桃太郎ま
つり」に協賛して総社市の鬼ノ城山頂で採火する鬼神・温羅(うら)の火を
岡山に届けるという「阿曽の火祭り」発足させてきた林正実が、岡山のまち
づくり・人づくりと吉備の鉄とアートの協働を目的として始めたものです。

以来、古代山城・鬼ノ城の麓にある鬼ノ城ゴルフ倶楽部のクラブハウスを教
室として、年6回の講座を開催(偶数月の第4土曜日)してきまた。
世界で活躍する最先端のアーティストたち(束芋さん・ヤノべケンジさん・
名和晃平さんなど)や建築家たち(隈研吾さん・西沢立衛さんなど)や美術
館長(秋元雄史さん・南條史生さんなど)といった方々を阿曽の山中に招聘
してまいりました。
昨年12月27日に美術家の鯉江真紀子さんを講師に開催した12月講座が、通
算で84回目となります。




活動風景01 活動風景02
   完成した炉の前に立つ      炉の本体へのフイゴの取り付けも  
   塾長の林正実/このあ      終了/操業開始へ向けて最終チェ
   とはフイゴの取り付け       ックを行う塾長の林


(課外講座の概要)
□日 時  平成27年1月17日(土)18時~23時
□教 室  西阿曽の鬼ノ城塾の事務局
□講 師  林正実:鬼ノ城塾塾長 阿曽の鋳物師 アートプロデューサー
□内 容  阿曽地区住民を対象とした古代たたら製鉄(11/23)の操業報告



   工事中



Copyright(C) harenokunizukuri net. AllRights Reserved.