イベント情報活動報告地域づくり団体地域づくりマイスター各種支援制度新規団体登録メールマガジンリンク集市町村お問い合わせ 晴れの国づくりNET携帯版

QRコードで簡単アクセスできます!



Adobe Readerダウンロードサイトへ

PDFファイルをご覧いただくためには、
AdobeReader最新版(無料)が必要です。
こちらのページからダウンロードして下さい。

会員専用ページ

このサイトは岡山県・地域づくり団体岡山県協議会が企画・運営しています。

このサイトに関するお問い合せ
地域づくり団体
(岡山県県民生活部
 県民生活交通課内)

〒700-8570
岡山市北区内山下2-4-6
TEL:086-226-7247
FAX:086-232-5354
E-Mail:harenokuninet@pref.okayama.lg.jp

トップページ > イベント情報 >

地域づくり団体岡山県協議会に登録されているイベント情報のご紹介。

通算で113回目となる鬼ノ城塾10月講座の講師は山内明美さん
<情報登録団体> 鬼ノ城塾
イベント内容 〈鬼ノ城塾=古代の鉄と現代アートで岡山を元気に=最高のものにふれたい〉
  **岡山県総社市阿曽の山中で最先端の現代アートにふれる
(2001.4~)**

通算で113回目となる鬼ノ城塾10月講座の講師は、宮城教育大学准教授の
山内明美さんです。

「晴れの国」と言われる岡山に甚大な被害をもたらした西日本豪雨から一年
が経過しました。
鬼ノ城塾は災害復興の現場で美術にできる役割を徹底して探る講座を実現
したいと考えました。
そこで「災害と美術」をテーマに3回の連続講座を企画。6月は美術批評家
の椹木野衣さんが、8月は森美術館キュレーターの近藤健一さんが担当くだ
さり、山内さんの10月講座が連続講座の最終の講座となります。
の3回目の講座となります。
【来年の令和2年1月11日にはこの3人をパネリストにフォーラムを行います】

自然災害の多い郷里(宮城県)の南三陸沿岸をフィールドに、「地域はいか
にして繰り返された災害を乗り越えてきたのか」を検証調査してきた山内さ
んの講義にご期待ください。

鬼ノ城塾は鬼ノ城ゴルフ倶楽部のクラブハウス(隈研吾さん設計)を教室と
して、平成13年4月に塾長の林正実が発足させました。
各地で村下(むらげ)職として古代たたら製鉄の操業の指導を行い、吉備津
神社との関わりが強い「阿曽の鋳物」の復興を最後の阿曽の鋳物師としてす
住めると共にアートディレクターとしての活動も行います。

平成8年に「鬼ノ城たたら倶楽部」を創設して大正時代に絶えた吉備の酒米
「都」を西阿曽の自らの田で復活させ、平成15年に堀和平ゆかりの旧商店街
筋の古民家の再生を目的に「堀家住宅の利用を考える会」、平成17年に岡山
市が行う「うらじゃ」の祭りに協賛して「阿曽の火祭り」を発足させてきた
林正実が、岡山の人づくり・まちづくりを目的に始めたものです。

会田誠さん・山口晃さん・ヤノベケンジん・名和晃平さん・束芋さんといっ
た最先端の現代美術家を中心に、隈研吾さん・西沢立衛さん・石上純也さん
といった建築家、南條史生さん・秋元雄次さんといった美術館長などの多彩
な講師を岡山県総社市阿曽の山中にお招きしてきました。

山内明美さんをお招きする鬼ノ城塾10月講座が、通算で113回目となります。



イベント風景01 イベント風景02
   講師の山内明美さん        講師を囲んで別室(VIPルーム)での
                        懇親会の様子(講師は安齋重男さん)


〈10月講座概要〉
□日 時 令和元年10月26日(土)15時~18時
□教 室 鬼ノ城ゴルフ倶楽部クラブハウス(隈研吾さん設計)
□講 師 山内明美:宮城教育大学教育学部准教授
□内 容 講義 テーマ「災害と美術」(災害復興の現場における美術の役割)
□塾 費 無 料(後半の別室での懇親会に参加希望の方は当日千円)


        =建設中=



開催日時 2019年10月26日15時00分~2020年01月11日20時00分
開催場所 詳細MAPへ鬼ノ城ゴルフ倶楽部クラブハウス 岡山県総社市奥坂666
お問合せ 鬼ノ城塾 事務局 塾長の林
〒719-1103 岡山県総社市西阿曽224-1
[TEL]090-7776-1063
[e-mail]hayashim@mx2.kct.ne.jp

Copyright(C) harenokunizukuri net. AllRights Reserved.